パパ活アプリおすすめランキング クリック

パパ活での名前って本名でOK?それとも偽名?個人情報の危険な取扱い方

パパ活を始めるときって、名前は本名にした方がいいのか、偽名を使ってもいいのかって悩みますよね?

源氏名で通している子も、パパから本名を聞かれた時どう対応していいのか困った経験があると思います。

私は完全な偽名でパパ活をやってるんですけど、その理由は個人情報の流出を極力避けたいから。

でも、パパ活を続けていると、どうしてもパパに本名を明かさないといけないタイミングがあるんですよね。

今回は、私がやっている個人情報の扱い方から、パパ活を本名を隠してする方法、どんな時にパパに本当の名前を打ち明けるべきなのかなど、実用的な情報を共有しちゃいますね。

この記事がおすすめのパパ活女子

・パパ活は本名と偽名、どっちでやった方がいい?
・個人情報ってどういうの?パパに教えたらダメなのは何?
・源氏名ってどうやって付けたらいい?
・パパに本当の名前を教えるタイミングってどういうとき?

目次

パパ活って本名でやっても大丈夫?パパに名前を教えるのはアリ?!

パパ活は偽名OK

パパ活は、偽名を使ってOKです。

女の子だけでなく、パパ側も基本的に偽名を使っていて、本名を隠してパパ活をしています。

なので、偽名を使っていてもパパから怒られる心配はありません。

と言うよりも、パパ活で本当の名前をパパに教えてしまうことの方が、実はリスクがあったりするんですね。

パパに本名を教える危険性

では、なぜパパに本名を教えることにリスクがあるのか、トラブルになる可能性からお話しますね。

・個人情報がネットに流出
・パパがストーカーになった時

本名だけだったら問題ないんじゃない?って思うかもですが、本名から色々なことが特定されたりする可能性もあります。

ネットであなたの本名を検索した場合、FacebookなどSNSが特定されたり、高校時代の部活などでの記録が検索結果に出たり・・・現代ならではの身バレに繋がる可能性が出てきます。

あなたが本名を教えた男性が地雷パパだったら、個人情報をネットに晒されたり、ストーカーと化してあなたのプライベートが侵略されたりトラブルに巻き込まれることになりますね。

今からパパ活を始める女の子は、できるだけ本名で活動するのは避けること。すでに本名でパパ活をしている女の子は、パパの見極めは慎重に。

冴子
新規のパパからは、苗字だけでも偽名を使うようにすることをおすすめしますよ!

パパ活で偽名は全然あり!本名を教えなくてもいい理由

・パパ活アプリは本名を隠して活動できる
・相手の呼び方はニックネームでOK
・基本的にお手当は現金の前渡し

パパ活アプリに登録するプロフィールでは、ニックネームを決めることができます。

知り合ったパパとは、お互いニックネームで呼び合うことになりますので、この段階ではお互いに本名を教え合う必要はありません。

男性も社会的に地位のある方が多いので、パパ活をしていることがバレると問題になってしまうパパもいるんですね。

なので、お互いのことは深く探り合わないのが鉄則

特に、既婚男性の場合ってパパ活がバレると家庭崩壊の危機に繋がりかねませんよね?さらに言えば、あなたが既婚者と知っていてお付き合いをしていたら、奥さん側から慰謝料を請求される可能性もあるんです。

冴子
これは大事な事なので、しっかり覚えておいてくださいね。

どんな源氏名でやればいい?パパ活での名前の作り方

パパ活源氏名付け方

では、本名を名乗らないなら、どんな名前でパパ活をすればいいのか、一緒に考えてみましょう。

水商売で言う所の源氏名だと思って、自分の好きな名前を付けちゃってください。

名前の付け方によるメリットとデメリットもお教えしますね。

1.源氏名っぽくない苗字+本当の名前
2.普段呼ばれているニックネーム
3.本名と全く関係ない架空の名前

源氏名っぽくない苗字+本当の名前

パパ活で使う偽名は、特徴のない名前にしておく方がいいですね。もし、あなたの苗字が特徴のある全国的に少ないものだと、苗字から個人が特定される可能性も出てきます。

源氏名っぽくない苗字に、あなたの本当の名前をプラスするのがおすすめ。

源氏名っぽいって言うのは、キャバクラなど夜のお商売で良く使われている苗字です。キラキラ感がある苗字だと、パパ活をするのにちょっと不自然かもです。

冴子
キャバクラの源氏名で有名な苗字は「一条」「愛沢」なんかですね。

ただし、本当の名前を使う場合はひらがな表記にしたり漢字を変えておくこと。

そうすることで、身バレを防ぐことが可能です。

本当の名前なので呼ばれ慣れている、不自然な感覚がしない。
パパに本名を教えるときに、誠実な印象を与えられる。

普段呼ばれているニックネーム

普段友達や彼氏からニックネームで呼ばれているなら、ニックネームを使うと自然な受け答えができるかもですね。

例えば、絵里子ちゃんだったら「えりちゃん」って呼ばれることが多いかと思います。それをそのままパパ活用に使ってしまう。

その場合も、苗字はしっかりと替えて「〇〇えり」にすれば自然ですね。

LINEの名前をニックネームに変えても、友達や彼氏に違和感を与えない。

本名と全く関係ない架空の名前

私の場合は、パパ活とプライベートを完璧に切り離したかったので、本名とは全く違う偽名を使ってパパ活をしています。

全く違う名前を使うことで、別人格になれると言いますか、演技しやすいと言いますか(笑)

別人格でパパ活をやっているので、ストレスも溜まりにくいんですよね。

名前の付け方は、自分のモチベーションが上がる好きな名前や、憧れている人の名前を使うのもアリ。

ただ、呼ばれ慣れていないので最初のうちは反応が鈍くなってしまうかもなので注意です。

冴子
ちなみに、私は好きな作家さんの苗字を頂きましたよ。

自分で使っているんですけど、デメリットも多いんですよね・・・

プライベートで使っているLINEが使えない。
パパに本名を明かす時、違い過ぎて罪悪感もある。
自分のことを名前で呼ぶ女の子は使えない。

パパ活での安全な個人情報の取り扱い方

パパ活の個人情報管理方法

本名以外でも、パパ活では個人情報はできるだけ隠しておくことをおすすめします。

特に、顔合わせの時や会ってから間もない間は、絶対に伏せておきたい個人情報を確認してください。

パパ活で教えない方がいい個人情報TOP6

1.本名
2.住所
3.勤務先・大学の名前
4.口座番号
5.電話番号
6.SNS

1.本名

先ほどもお伝えした通り、フルネームでの本名は伏せておいた方がいいですね。

教えるとしても下の名前だけ、名前の漢字は変えておくことで最小限の身バレで済みます。

2.住所

パパ活をしていると、住所を聞かれることが多いのですが、この場合も最初は市区くらいに抑えておいた方がいいと思います。

最寄り駅は絶対に教えない!

プロフィール写真にも、住所が特定されるようなものを使わないことをおすすめします。

住所を聞かれた時は、住んでいる駅から数駅離れた土地勘のある場所を選ぶ。パパが駅まで送ってくれることもあると思うので、電車の路線は同じでも大丈夫だと思います。

3.勤務先・大学の名前

会社勤めの場合は職種、大学の場合は学部くらいにしておき、会社名や学校名は伏せておいてください。

パパ活男性の中には高学歴フェチな方も結構いて、有名大学だとお手当が上がる場合があるんですけど、パパのことを信用できるまでは伏せておいた方がいいですね。

4.口座番号

パパから銀行振込をしてもらう場合、口座番号と口座の名義を教える必要があります。

口座名義は本人のものなので、本名がバレてしまうと言うことですね。

冴子
個人が偽名で銀行口座を作ることはできません。

例えば、自営業のパパからお手当を経費で落としたいから振込にしたいって提案があったとしますね。

その場合ははっきり言って脱税。パパの会社に監査が入ったら、あなたのところへも調査が入る可能性が高いので絶対にやめておきましょう。

5.電話番号

電話番号だけだと、簡単に個人情報を特定することはできませんが、探偵や興信所に依頼をすると個人特定することが可能です。

電話ならLINEを使えばできることなので、携帯番号は教えなくてもOKですよね。

生年月日や電話番号などを組み合わせることで、個人が特定しやすくなるんですね。なので、ちょっとだけならと油断せずにしっかりと管理しておくことをおすすめしますよ。

6.SNS

FacebookやInstagramは、プライベートで繋がっている友達が多いので注意したいですね。

SNSを教えて拡散される可能性もあります。

パパに見せるため用にSNSを作る方法もありますけど、忙しい学生さんや社会人だと管理が大変。本垢と裏垢間違えて投稿!なんてことにもなりかねないので、余裕がある女の子にしかオススメできません。

冴子
え?!こんなに!って感じですけど、あくまでも地雷パパだった時の措置。トラブル防止策だと思ってください。

パパがマジ恋愛モードになってしまったとき、豹変してあなたを脅す可能性を考えた時に備えて個人情報は伏せておく。

詐欺パパや地雷パパだった時、トラブルに巻き込まれないための措置なので、パパが本当に信頼できる人か見抜く前は個人情報を教えないってことは実行してくださいね。

パパ活アプリって個人情報の取り扱いは大丈夫?

パパ活アプリに登録する時に、本人確認書類が必要になりますよね?

これは、あなたが18歳未満ではないか確認するためです。

本人確認書類は確認後消去されるので、しっかりとした運営会社に登録すれば情報漏洩の心配はありません。

個人情報保護は企業にとって大事な事なので、万が一漏洩してしまうと企業として大打撃を受けてしまいます。そのため、企業側も個人情報は厳重に管理しています。

冴子
でもやっぱり気になる!って時は、シュガーダディやラブアンがおすすめ。

女の子の場合は、本人確認書類の名前・生年月日・証明発行先以外塗りつぶしたり、隠して提出してもOK。

特にシュガーダディは運営歴も長く、サイト型のパパ活アプリなのでオススメです。

シュガーダディ

パパ活アプリの老舗で、男性の6割以上が経営者や役員なので太パパが見つかりやすいのが特徴です。

もちろん、24時間監視体制で安全対策も十分

冴子
パパ活初心者さんにはイチオシです!

\ シュガーダディ /

サイト型だと、スマホにアプリをインストールせずに利用できます。
インストールしてしまうと、画面からアプリアイコンを消してもアプリ一覧に表示されたりと、スマホを見られた時にパパ活してることがバレる可能性があるので注意してください。

パパ活で振り込みは本名じゃなくちゃ無理?

パパ活で振込する名前バレ

お手当を銀行口座に振り込んでもらうには、口座番号と本名が必要です。

先ほどもご紹介した通り、偽名では銀行口座を持つことができません。

でも、お手当が高額だったら大金を持ち歩くのも怖いですよね。そんな時はどうしたらいいのか、本名なしでパパに送金してもらう方法をご紹介しますね。

パパ活は現金前渡しが基本だけど・・・

パパ活ではお手当は基本的に、現金の前渡しになります。

お手当を受け取れないトラブルにならないためにも、パパからはしっかりと前渡ししてもらってくださいね。

顔合わせや初回のお食事デートの時は、男性から「後で銀行に振り込むから」と言われてもお断りした方がいいと思います。

後払いしてくれる保証もないですし、口座番号と本名という個人情報を教えることになりますからね。

たとえ、男性が定期契約をすることを持ちかけて来ても、最初のうちは現金で前払いしてもらいましょう。

パパがしっかりとお手当を渡してくれて、信頼できる相手だと判断してから銀行振込に変えてもらった方がいいと思いますよ。

ネットバンキングだと、振込予約をキャンセルすることが可能です。
詐欺パパから送金画面を見せられたとしても、後でキャンセルされる可能性もあることは覚えておいてくださいね!

パパに偽名で通したいならLINE Payがおすすめ

銀行口座も本名も教えたくない場合は、LINE Payで送金してもらうのがおすすめです。

LINE Payだと、口座情報のやり取りをせずに送金が可能なんですね。また、リアルタイムでの送金が可能なので、その場で受取を確認することができます。

LINE Payの残高は、登録した銀行口座かセブン銀行のATMで現金化できますので、パパ活女子には便利なサービスです。有効に使ってくださいね。

本名でLINEしてる?源氏名を使ってるパパ活女子のためのLINE交換方法

パパ活で偽名を使う時のLINE設定

パパ活で偽名を使うと困るのがLINE。

パパにLINEを教えたくない!って女の子も少なくはないと思うんですけど、LINE交換なしにパパ活をするのは、ちょっと難しいのが現実なんですよね。

なので、完全偽名を使っている私のLINE交換方法と、本名や本名に近い源氏名でやっているパパ活女子に使える対処法をご紹介しますね。

本名バレしないためのライン設定方法

まず、自分の名前でパパ活をやっている女の子ですが、LINEの表示名はローマ字やひらがなにして漢字が特定できないようにします。

表示がローマ字やひらがな、カタカナになったくらいで、友達も彼氏も疑わないとは思いますが、念のために写真も一緒に変えてみてください。

ニックネームでやる場合も同様、LINEの表示名をニックネームに変えるだけでOKですね。

あとは、タイムラインなど個人情報に関わることは、削除するか公開範囲を制限する設定も忘れずに。

パパ活で完全偽名を使ってるならスマホ2台持ち

パパ活で完全に偽名を使う場合は、プライベート用のLINEは使えません。LINEは電話番号1つにつきアカウントも1つという制限があるので、スマホ2台持ちするしか方法がないんですね。

ちょっと予算ないなぁ。って場合は、パパとのLINE交換をギリギリまで引き延ばして信用ができるかどうか確認するか、カカオトークなど別のメッセージアプリを使うって方法があります。

パパ活でのLINE活用法や、疑問はこちらで詳しくご紹介しています。パパとLINE交換する前に要チェック!

冴子
プライベート垢と同じLINEを使う場合は、スマホの管理を徹底する。彼氏への誤送信などの自滅は絶対に防いでくださいね。

パパに偽名がバレるのってどんな時?

偽名を使っていても、ちょっとしたタイミングでパパにバレちゃうこともあります。

絶対に隠し通したいなら、こんなポイントに気を付けてみてくださいね。

・定期契約するので銀行振込に切り替えるとき
・マンション購入など高額なプレゼントで本人名義が必要なとき
・会員制のお店に行き、身分証の提示が必要だった時
・携帯や財布の中身を見られてしまったとき

【OK】契約などで本人名義が必要なとき

パパ活をやっていると、マンション買ってもらっちゃった!っていうパパ活女子のSNSを見ることもありますよね?

もう、ここまで来ちゃうと偽名を使っているレベルのお付き合いじゃなくなってます(笑)

パパと定期契約してもらう場合も、お互い信頼関係ができてからのことなので問題ないと思います。

ただし、パパのことを良く知らないのに定期契約して個人情報を渡すのはNG。

冴子
あとは、パパとお別れする時のこともしっかり対応を考えておければベストです。

【NG】不注意やパパの悪意でバレたとき

顔合わせの時にバッグを置いたまま席を立ったり、携帯を置きっぱなしにしてしまうと、悪意を持ったパパから個人情報を盗み見られてしまう可能性があります。

まだ知らない男性に個人情報を見られてしまうのは危険ですので、不用意に席を立たない、身バレに繋がるものは持ち歩かないなどしっかり対策してくださいね。

会員登録が必要なお店は、サインなどすべてパパに任せてしまえばOKです。

パパに本名を聞かれたときの対処法と教えていいタイミング

何故だかわからないんですけど、本名を聞いてくるパパって多いんですよね。距離感を縮めたいのか、秘密を知っている優越感が欲しいのか(笑)

パパから本名を聞かれた時は、無下に拒否してしまうといい気はしないでしょうし、壁ができた気がして冷めてしまうことも考えられますね。

上手に切り返して、パパとの仲に亀裂が走らないようにしちゃいましょう。

パパに本名を聞かれたときのベストアンサー

パパ活で本名を聞かれたとき対策

パパに本名を聞かれた時の例文は、こんな感じ。

・本名ですよ。
・もう少し仲良くなったら、でいいですか?
・〇〇さんだから、教えますね。

ここで考えたいのが、将来的にパパに本名を教えるような日が来るか?と言うことです。

定期パパになる可能性を考えて、対応してくださいね。

本名ですよ。

もう、本名だと押し切る。聞かれた時にあまり間を置かず「え?本名ですけど・・・」と、サラッと返すと疑われないですね。

この時も、少し笑顔で小悪魔っぽく答えておけば、本名を明かした時にも「あの時は、嘘ついちゃってごめんね。」で済むと思いますよ。

もう少し仲良くなったら、でいいですか?

あなたとはまだ仲良くなってないから、教える必要はないですよ。って感じですね。

男性に、会って間もないのにそんなことを聞くのは失礼。もうちょっとパパ活のルールをわきまえてね。って伝わるので、付き合いが浅いパパにしか使えないですね。

〇〇さんだから、教えますね。

といって、偽名を教える(笑)

この場合は、絶対に定期パパにならない、もうお付き合いするのもやめようかなって思っている感じの男性向けですね。

本名教えてってしつこく聞いて来るタイプには、これでOK。

長くお付き合いしないパパ向けなので使える相手は限られますけど、粘着質でイラッとした場合にはオススメです。

ちょっと高度な返し

私が使っているのは、

○○さん(パパ)のために、△△(偽名)になってるんです。このままじゃ、ダメですか?

パパ活であなたに会っているときは、生活臭を消してイイ女でいたいのよ。って感じで伝えてます。

冴子
偽名だってことをパパに言っちゃう(笑)

かなり高度な技だと思うんですけど(笑)、将来的に本当の名前をパパに教えるときにも、これだったら「あの時、嘘の名前教えて!!」って怒りはないと思います。

個人的には、パパ側が自分の本名や会社名を打ち明けているのに、女の子側が絶対拒否するのもおかしいかな?とは思いますね。

私が本名を明かしているのは3人のパパのみなんですけど、パパの名前と会社名はしっかり教えていただきましたし、信頼関係も築けていると思っています。

他の方には、私から本名や会社名を聞くことは絶対にしませんよ。

パパに本名を教えるタイミング

パパに本名を教えるタイミングですが、もちろん「信頼できる男性と確信した時」です。

具体的には、こんな感じ。

・何度も会って、絶対に間違いないと思える男性
・名刺などで男性の本人確認がしっかり取れたとき
・旅行に行くなど深い関係になっている男性

お付き合いが長くなって、パパの人間性や社会的な立場がわかり信用できる男性と確信したら、本名を教えても問題ないと思います。

お互いに気心が知れる関係をイメージしてもらえればいいかな?お金のためと思って、我慢して会っているパパではなく、頼れる素敵な大人の男性って思えるパパですかね。

パパから先にお名刺を頂くことがあると思います。でも、名刺って簡単に作れてしまうんですよね・・・

パパと信頼関係を築く前だと、まずは名刺を確認。Webで調べてみて、顔写真と一緒に同人物だと確認出来たらOKですね。

パパ活仲間にも本名で活動しているか聞いてみた

現役女子大生で活動中のパパ活仲間にも、本名でやっているのか個人情報はどうしているのか聞いてみました。参考にしてみてくださいね。

私の場合はキャバクラ時代に最初のパパをゲットしたんで、その延長で源氏名で通してたけど。
冴子
パパは本名とか大学名とか知ってるの?
大学生って言うのは知ってるけど、どの大学でどこに住んでるとか細かい事は教えてないよ。まだ源氏名で通してる。
最初は個人情報を教えるリスクを考えてだったけど、今はパパの人柄もわかるし本名を教えても別にいいんだけど。
冴子
名前教えるのに、何か引っかかってるの?
パパ活って非日常じゃない?だから、パパの前ではキラキラした女の子でいたいって思うのね。
現実の地味な名前でどこの大学通ってて、出身はどこでって生活臭みたいなものって、非日常の対極でしょ。
冴子
多少秘密があった方が、魅力的な女の子を演出できるってわけね(笑)
だから、パパにはすべてをさらけ出す必要はないって思ってる。
色々喋っちゃうとお友達みたいにはなれるけど、太パパになることってなくない?
冴子
そうかもね。パパがもっと知りたいって思える女の子になるには、情報は小出しにってことで。

パパ活で自分の個人情報はどこまで相手に伝えるべきか?

彼女の場合はパパとのお付き合いは源氏名、つまり偽名のままお付き合いしています。

これは彼女とパパの出会いがキャバクラだったから仕方がない事かもですが、普通の女の子が偽名で男性とお付き合いするのは、ちょっとハードル高く感じちゃうかもですよね。

そんな場合は、自分の下の名前だけ教えるっていうのも一つの方法です。

パパには本当の名前でお付き合いしてると言えばそう言えるけど、苗字は教えてないからインターネットで検索しても、Facebookとかは出てこないですよね。

実際には苗字までしつこく聞いて来る男性ってそんなにいないので、下の名前くらいはOKかな?と思います。

そうすれば自然にふるまえますし、LINEもプライベート垢をそのまま使えちゃいます。

冴子
ただ、苗字を聞かれた時のために、偽名はしっかりと用意しておいた方がいいですね。

では、自分の住所とか、出身とか、好きな食べ物とか、どの程度までパパに情報を伝えていいの?

っていう個人情報については、相手がネットで出会って、まだ1回しかデートしていないような男性に対して、自分の住所とかの個人情報を与えるのは絶対にNGです。

相手がどういうつもりでデートをしているのか、何を考えているのか分からないのに、自分の情報を与えてしまうのはリスクが高すぎます。

まだ相手がどういう人間か分かってない段階で、最寄り駅や、SNSなどを教えるのもお勧めできないというか、教えちゃマズいですね。

最寄り駅を教えてしまうとそこを見張って、あなたの後ろをついていけば住所は特定できてしまいますし、SNSって意外と自分の日常生活を暴露しちゃってるでしょ?

たとえば、「今日は家の近くのカフェでモーニング♪」って食べ物の写真を載せただけでも、お皿にお店の名前が書いてあって、そこからお店の場所が特定されて、なんて事は簡単。

だから身元がはっきりしているようなキャバクラや実店舗での出会いではなくて、インターネットで出会った場合は、最初は男性に対して適度な警戒心は必要。

冴子
残念だけど、みんな良い人ばかりとは限らないのが現実です。

パパ活で相手が信用できる人と分かったら、どこまで個人情報を伝えてもいいの?

じゃぁ長くお付き合いして、相手の人となりや相手の職業なんかのパパ側の情報を手に入れて、「この人は大丈夫そうかな!」と思ったら、相手に対して自分の身上をいろいろ話しても大丈夫なの?

ってことですね。

確かに相手の情報は自分は知ってるのに、相手に自分の本名も住所も伝えないのってフェアじゃないように感じます。

ここに至っての判断は、各個人で判断するしかないですね。

今回話を聞いた彼女みたいに魅力的な女性としてふるまうなら、すべての個人情報を相手に開示しないのもパパ活でのテクニックだと思います。

でも、あなたが「自分の事をもっとパパに知ってもらってパパとより親密になりたい!」っていうタイプなら、ちょっとずつ自分の事をパパに教えてもいいとは思います。

ただしこの場合は、別れた時にリスクになるような事もあるから気を付けること。

例えば本名とか、住所とか、実家の住所とか全部パパに教えちゃった女の子が、パパ活をやめて結婚した後、もう活動はやめているのに、元パパだった人から「旦那さんにバラされたくなければ言う事をきけ」なんて脅されて・・・って事もあり得ます。

お付き合いしていた時は楽しくても、その後のパパがどういう状況になるかなんてわからないですから・・・

そういう将来の事も視野にいれて、自分でパパに情報を伝えても悪用された時のことを考えて、ある程度は情報のシャットアウトは必要だと思います。

個人情報に関しては怖いことばかり書いてしまいましたが、実際こういう事は殆ど起きてないし、私も経験したことはありません。

だけど女の子だったら、どんな時にも対応できるように自衛する手段はもっておいた方がいいですよね?

楽しくパパ活をするためにも、備えあれば憂いなし!で行きましょう。

優しい方シェアしてください( ゚Д゚)【女子一同】

この記事を書いた人

顔面偏差値50の冴子です。
大学の時にパパ活を始めてパパ活歴4年。今は貿易関係の会社でOLをしつつ、パパ活継続中です。
こんな私ですが、4年の間に自分磨き、スキルアップして今ではちょっとモテてます(笑)
パパ活での悩み、不安なんかを、一緒に解決できればって思います。

コメント

コメントする

目次
閉じる