パパ活アプリ比較ランキング

パパ活アプリで身分証明書は必須?本人確認が怖い人はこう乗り切ろう!

パパ活アプリに登録すると、必ず求められるのが「身分証明書」の提出ですよね。

あれって必ずしないといけないものなのでしょうか。

とりあえず登録するだけなら、証明書がなくても可能なアプリもあります。
でもいざ気になるパパを見つけてメッセージを送ろうとしても、身分証明書を提出しないとメッセージが送れない!ってなっているアプリがほとんどですよね。

だから結局は身分証明書を登録しないと、パパ探しができない状態=身分証明書はほぼ必須ってことです。

でもどうしていちいち身分証明書を提出しないといけないの?
身分証明書なしでも使えるパパ活アプリってないかな?
など、パパ活アプリの際に必要な身分証明書に関するエトセトラについてまとめてみました。

目次

パパ活アプリで身分証明書が必須の理由

パパ活アプリで身分証明書が必須の理由

パパ活アプリは登録時には身分証明書が不要でも、そのままだとメッセージを送る機能が制限されていて、まともにパパ活することができません。

メッセージを送るためには、身分証明書をアプリ運営会社に提示しないと使えないようになっています。

どうしてでしょうか?それは、

「出会い系サイト規制法」で、18歳未満の利用は禁止されているから

なんです。
アプリ運営会社は、利用者に身分証明書を提示してもらって18歳以上かどうかを確認しているんですね。

「出会い系サイト規制法」というのは、正しくは「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」といい、インターネットを使って男女が出会う場になっているアプリやサイトにはすべて適用されます。
もちろんパパ活アプリやサイトも対象となります。

この 「出会い系サイト規制法」 の第5条に「児童でないことの確認の方法」というのがあり、そこには以下の情報が必要とな書かれています。

運転免許証、またはその他年齢か生年月日を証する書面において

  • 本人の年齢または生年月日
  • 身分証明書の名称
  • 身分証明書の発行元

が確認できること。

もしくはクレジットカードを使用する方法で確認できること。

このように法律で厳しく定められているので、どうしてもパパ活アプリを利用するには身分証明書を提示して、年齢確認をする必要があるのです。

なお身分証明書以外にも、クレジットカードを利用することによって身分確認をする方法があります。
クレジットカードは発行の際に、未成年ではないことの確認が必要なためです。

しかし女性の場合は無料でアプリを利用できることも多いため、クレジットカードを登録する必要がなく、この方法で年齢確認をするアプリはほとんど見受けられません。

男性利用者の場合は、身分証明書の代わりにクレジットカードの登録でも大丈夫なアプリやサイトがあります。(例:シュガーダディーなど)

パパ活アプリでどうやって身分証明書を使うの?

では、実際にはどうやってアプリ上で身分証明書を提示するのでしょうか。

パパ活アプリで身分証明書を提示するには

パパ活アプリによって細かな方法は違いますが、基本的にどのアプリでも

身分証明書を写真に撮って、その画像をアプリからアップロードする

という方法が一般的です。

その際、必要事項である

  • 年齢または生年月日がわかる部分
  • 証明書の名称がわかる部分
  • 証明書の発行元がわかる部分

がきちんとクリアに見えるような画像である必要があります。

個人情報の流出などが不安な場合は、それ以外の部分(住所など)は見えないように塗りつぶしの処理をしてからアップロードすれば安心ですね。

なおアプリによっては塗りつぶしを禁止していたり、アップロードする際に自動的に塗りつぶしの処理をしてくれるアプリなど、運営会社によって違いがあります。

パパ活アプリで使える身分証明書の種類

パパ活アプリで使える身分証明書の種類

パパ活アプリで使える身分証明書は以下のようなものがあります。
アプリやサイトによって違いがありますので、詳しくはアプリの説明を確認してください。

  • 運転免許証
  • 学生証
  • 健康保険証
  • 住民票
  • パスポート
  • マイナンバーカード

基本的には公的な証明書であれば問題ないでしょう。

パパ活アプリの身分証ネットで簡単に取れるのがマイナンバーカード

今手元に身分証明がない場合最も手っ取り早く取得できるのがマイナンバーカードだと思います。

こちらは保険証やコロナワクチンの海外渡航証明にも使えますし、これから持つ人もますます増えていくと思います。

免許証は教習所に行く必要がありますし、パスポートも発行に時間がかかります。

今すぐパパ活アプリに登録したいという人は公式サイトからオンライン申請してみましょう。

学生証が使えるパパ活アプリはどれ?

まだ高校卒業したての場合は、免許書をもっていなかったり、まだマイナンバーカードやパスポートを申請していない人もいると思います。

その場合いくつかのパパ活アプリは学生証と電話認証で登録が可能です。ただ、未成年登録のリスクを避けるために大手はどんどん学生証の登録を不可としています。

  • ペーターズ・・学生証
  • シュガーダディー・・クレジットカード
  • イククル・PCMAX・ワクワクメール・・・18禁の無料系

アップデートにより条件が変わります。女性の場合は無料でアプリをダウンロードするだけなら問題ないです。登録時に身分証の種類が提示されますので、詳しくはそこで確認ください。

身バレが怖い場合は住民表かクレジットカードもあり

学生証や運転免許証などを提出すると万が一漏洩事故があったり、誰かに悪用されるのではないかと心配するかと思います。

基本的に暗号化されていますので、アプリに提出した情報が第三者に広まることはないと思いますが、それでも最大限に安全を考えるのであれば写真がつかない住民票かクレジットカード決済がおすすめです。

とくに男性の場合はクレジットカード決済が身分証提出の代わりになったりします。

身分証明書や本人確認が不要なパパ活アプリはあるの?

身分証明書が不要なパパ活アプリは?

身分証明書のアップロードをいちいちしないといけないなんて、めんどくさいし、なんだか不安…と思う人もいますよね。

では身分証が不要なパパ活アプリはあるのでしょうか?

調査してみたところ、下記で紹介しているおすすめのパパ活アプリでは、年齢確認には必ず身分証明書が必要でした。

しっかりと運営しているパパ活アプリ・サイトは、きちんとしているからこそ法律を守って、身分証明書の提出を義務としています。

身分証明書が不要なアプリも探せばあるとは思いますが、そういったアプリはきちんと運営されていないことを証明しているようなもの。

年齢確認が不要なアプリは、使用することによってトラブルに巻き込まれる可能性が大です。

例えばずさんな情報管理で、登録した情報が流出してしまうかもしれないし、身元が不確かなパパにだまされてお手当をもらえなかったりするかもしれません!

身分証明書が不要なパパ活アプリやサイトは使用しない方が、安全にパパ活するためには重要と言えます。

使いたいパパ活アプリやサイトが、きちんとした運営会社によるものかを確認するには、以下の二つをチェックするといいです。

  • インターネット異性紹介事業届出の認定番号
  • デートクラブ条例の所轄警察受理番号

どちらかがきちんと提示されていれば、そのアプリは安心して使えるという目安になります。

唯一身分証無しで使えるアプリはTinderだがパパ活は禁止

強いて身分証無しで使えるマッチングアプリはTwitter、インスタ、ティンダーなどのソーシャルアプリですが、ティンダーはパパ活は禁止。SNSも同様にトラブルリスクが高いのでお勧めはしません。

個人情報の開示や身バレが怖いという方も回避策はありますので、正規のアプリを使いましょう!

パパ活アプリで起こる身分証明書関連のトラブルについて

最後にパパ活アプリで身分証明書に関して、よくある不安やトラブルについてFAQ形式でまとめました。実際に身分書を提出すると悪用されないかどう?身バレするのではないか?なんて心配はありますものね!

パパ活アプリに身分証明書をアップロードするのが不安

パパ活アプリに身分証明書の画像をアップロードしたら、誰かに見られないか不安です。

パパ活アプリやサイトで身分証明書の画像をアップロードするときには、暗号化されるため第三者が見る恐れはありません。


しっかりとした運営を行っている会社であれば、セキュリティ面は安心できるといえるでしょう。

18歳未満なので身分証明書が出せない場合どうすべき?

続いてよくある、18未満パパ活について質問に答えていこうと思います。

18歳未満なので、身分証明書の画像を偽造して、20歳以上にして使えば大丈夫でしょうか?

絶対にダメなので、やめましょう。
運営会社もかなりきちんと身分証明書をチェックしているので、バレるリスクがとても高いです。

例えば有名アプリの「Paters」では

「生年月日や住所、投稿文、プロフィール写真などがその証明書ときちんと一致しているのかを、すべて自社のスタッフが一つひとつ見比べています。その審査に、一番お金と時間をかけていると思います。」

と述べており、かなり厳しいチェックをしているといえます。

18歳未満なので、20歳の姉の身分証明書を借りて登録はできますか?

できるかできないかでいえば、可能ではありますが、トラブルの元になるのでやめましょう。

運営会社もかなりきちんと身分証明書をチェックしているので、バレるリスクがとても高いです。

パパ活アプリの顔合わせで身分証や年齢確認をされたりするの?

顔合わせで、相手から身分証明書を見せろと言われたが、見せないといけませんか?
またLINEやメッセージで身分証見せて?って言われたらどうしたらいいですか。

基本的に見せる必要はありません。


年齢確認が必要なパパ活アプリ・サイトを通して知り合っているのであれば、年齢に関してこちらが嘘をついているわけでもありません。

でもそうはいっても、18歳未満であることをごまかして登録してくる女の子もいます。
そういう女の子とウッカリ付き合ってしまうと、罪になるのはパパの方!

だからパパとしても、本当に18歳以上だよね?って確認したい気持ちになる人もいるはず。


その場合には、18歳以上であることを示す他の物を見せて納得してもらいましょう。

しかし、それでも住所や本名などを知りたがるパパがいたら、それは危険です。


あなたの個人情報を収集する目的があるかもしれませんので、怪しかったりしつこい場合はきちんと拒否して、連絡を取るのをやめましょう。

パパ活アプリで身分証明書は必須?まとめ

パパ活アプリで身分証明書は必須?まとめ

パパ活アプリで、メッセージのやり取りを行ってパパ探しをするためには

身分証明書は必須

といえます。

証明書に使える書類は、免許証など公的なものであればまず間違いはありません。
ただしアプリによって違いがあるので、登録前に確認しておいてくださいね。

身分証明書の提出には画像をアップロードする必要があるので、ちょっと抵抗のある人もいるかもしれません。
しかしアップロードは暗号化されて送信されており、住所などをすべて公開しなくてもよく、セキュリティはしっかり守られているので安心です。

逆に身分証明書が不要なパパ活アプリは、まともに運営していない恐れがあるので利用するのをやめた方がいいでしょう。

身分証明書の提出は、安心してパパ活アプリを利用できる証明ともいえます。

不安がらずにきちんと提出して、安全にパパ活を楽しみましょう。

あわせて読みたい
パパ活アプリに年齢制限はある?確認なしは危険だし、嘘がバレたらこうなる! パパ活を始めたいんだけど、パパ活アプリって年齢制限とかあるのかな?って気になりますよね。 パパ活をするのであれば、パパ活専用アプリは必須。SNSで稼いでいる女の...


あわせて読みたい
パパ活アプリで身バレ・顔バレを絶対防ぐ写真掲載の方法はコレ! パパ活アプリはプロフィール写真を掲載すると、男性からのアプローチも増えるし載せた方がいいのはわかってる。 でも、プロフ写真を載せて身バレや顔バレするのは絶対に...



優しい方シェアしてください( ゚Д゚)【女子一同】

コメントは気軽にしてね!

コメントする

目次
閉じる