パパ活アプリ比較ランキング

パパ活アプリは既婚者もバレず使えるの?割合や大人の関係を結ぶ前の注意点

パパ活アプリに登録している男性にも女性にも、既婚者はいますよね?

パパはリッチでその上年上、結婚していない独身主義の男性もいますけど、やっぱり妻帯者が多いかな。

パパ活女子も主婦の方って結構活動されてるんですよね・・・。

「お互い割り切ったお付き合いだし、いいんじゃないの?パパ活ってそういうもんでしょ?」って感じだけど、既婚者とのお付き合いってそれなりのリスクが付きまとうんですよね。

そんなリスクを避けるためにも、バレずに上手なお付き合いの仕方をすることがベスト。

どうしても気になるって時は、お断りする方向で考えるのもいいと思います。

今回は、パパ活アプリで結婚している方とのお付き合い方法や、それに伴うリスク、既婚者がパパ活をするメリットなんかを考えていきたいと思います。

目次

パパ活アプリで既婚者と付き合うデメリットは知っておこう!

パパ活アプリで既婚者と付き合うデメリット

まずはパパ活で既婚者とお付き合いするリスクについて。

バレないようにしてるから大丈夫!ではなくて、実際に奥さんに訴えられちゃったパパ活女子もいることは知っておいて欲しいと思います。

パパ活アプリ経由でも既婚者とのお付き合いは不倫になる!

不倫のイメージって、お互い恋愛感情があって既婚者の方とお付き合いするって感じですよね?

パパ活はデートをするのにお手当が発生するし、お茶やお食事だけってこともある。不倫ってイメージとは違うようなきがするんですけど、パパ活での出会いも不倫ってみなされるパターンがあるんです。

冴子
法律うんぬんって以前に、奥さん側の感情からしてみれば浮気って判断されることが多いと思います。

自分に置き換えて考えてみるとわかりやすいと思うんですけど、彼氏や彼女の浮気のボーダーラインって何ですかね?

自分の知らない相手と内緒で食事していたら?親し気にメッセージのやり取りをしていたら?

それがパパ活ってなると?

婚姻前のカップルだと喧嘩してお別れで済みますけど(それも嫌ですけどね)、既婚者だと離婚、慰謝料ってリスクが伴うんですよね・・・

では、どういう場合に慰謝料を請求される可能性があるのか、ご紹介しますね。

既婚者とのパパ活で大人の関係がバレると裁判・慰謝料請求もありえる

パパ活での慰謝料・裁判の可能性

パパ活で既婚者と大人の関係つまり、Hしたことがバレると最悪訴えられます。

不倫と不貞行為って、厳密に言うと違うらしいんですよね。

不貞行為って言うのは、端的に言うと体の関係がある、既婚者との性的交渉を持つことです。

慰謝料が発生する場合で多いのが、不貞行為をはたらいた場合。

要はパパ活で既婚者とエッチしちゃったら、相手の配偶者に慰謝料を支払わないといけない状況になるわけです。

冴子
不貞行為がバレると、慰謝料を請求される可能性があるってこと。

慰謝料の請求はパパ側(配偶者)にもできるんですけど、パパが奥さんに慰謝料を支払っている場合は、パパ活女子側への請求はできません。
ダブル請求はできないってこと。信頼できるパパを選びたいよね。

慰謝料の相場

慰謝料の額は、相手の状況によっても違ってきます。

  • 不貞行為によって離婚した場合:100万円~300万円
  • 離婚しなかった場合:50万円~150万円

不貞行為によって夫婦関係がどうなったか?ってことで慰謝料が変わって来るんです。

また、婚姻期間が長かったり、パパ活でのお付き合い期間が長かったり、子供の有無なんかで慰謝料が変わってきます。

冴子
がっつり証拠を握られている場合なんかも、慰謝料が高くなっちゃうので注意。

裁判に発展する場合

慰謝料の金額で折り合いがつかない場合は、裁判へと発展するケースもあります。

例えば、配偶者側が精神的苦痛を理由に法外な慰謝料を要求してきた場合は、裁判によって適正な金額に修正することも可能です。

費用も手間もかかりますし、訴状が自宅に届いたり、裁判が長引くってことも考えられるので、かなり負担は大きくなりますね。

パパ活の男性が既婚者だと知らない場合はどうなる?

パパ活で既婚者と知らなかったら

不貞行為に及んだとしても、相手が既婚者だって知らなかった場合は、慰謝料を支払わなくて済むケースが多いです。

実際にパパ活では既婚者って言わずに活動している方も多いですし、不貞行為をしたとしても相手の配偶者に慰謝料を支払う必要はありません。

多くの場合は「知らなかった」で済まされるのですが、お付き合いが長くなると知らないわけないよね?ってことで「過失あり」として慰謝料を請求される場合もあります。

冴子
知らなかったは、悪用できませんね。

ただし既婚者とのパパ活でも食事のみだったら大丈夫!

パパ活で顔合わせ、お茶、食事デートの場合は、慰謝料を支払う必要はありません。

不貞行為に及んでないですからね。

既婚者だって、パパ活以外でも配偶者意外と食事することってかなりありますよね?

ただし、性的交渉がない場合でも相手がのめり込み過ぎて結婚生活を破綻させてしまった場合は、慰謝料を支払わなくてはいけなくなる場合もあります。

夫婦間で離婚に向けての話し合いが進んでいた場合は大丈夫ですが、パパ活によって平穏な結婚生活が送れなくなった時は可能性はありますね。

ただ、そんなこと言っていたらキャバクラやスナックでの同伴やアフターが全部犯罪になってしまいます。

夜の店を歩けばそんな人は沢山いるわけで、普通に遊んで食事デートであれば問題ありません。

逆に既婚者とのパパ活するメリットは何なのか?

パパ活で既婚者と付き合うメリット

既婚者とお付き合いするデメリットは、配偶者にバレた時のリスクが高いってこと。

なんか全然メリットなさそうに思えるかもですが、ドライで割り切った関係でいられるっていうのはメリットかと思います。

  • 既婚者のお手当が通常より高い
  • 変な恋愛関係に発展せずにドライ
  • パパ活関係を辞めるのも意外と簡単
  • 大人の関係も多かったりする

未婚男性とお付き合いすると、最初はパパ活だったとしても恋愛感情が芽生えてしつこく迫られることもあるし、ストーカーになっちゃう可能性が高いのは未婚の相手だと思います。

お付き合いに合意したとしたら、お手当がもらえなくなることだってもちろん考えられるし、パパ活をやめろって言われると思うんですよね・・・

冴子
マッチングサイトだって、お付き合いが始まると退会するのが普通でしょ?

既婚者同士でお付き合いすると、さらにリスクは増えるんですけど、確実にお金で割り切った関係は築けますよね。

大体既婚者のパパ活は夫婦の性生活や家庭がイマイチうまく行かなくなったとか、単身赴任でさみしい・・なんて感じで始まるのですが、とにかく相場が高く、普通の食事デートでも2万、大人の関係だと5万~10万とかあるのはこのケースです。

また男性だと、結婚している女性とお付き合いしてみたいって願望がある方もいます。

結構大人の関係が多いのも既婚者のパパ活の特徴。

どっちにしろ、家庭を壊すようなことはしない、配偶者にバレないってことは最重要ですが、ライトなお付き合いがしたいのであれば、既婚者の方とのお付き合いかな?って思います。

ぶっちゃけ既婚者パパ活は金払いが良い!

パパ活アプリで既婚者を見分けることができるのか?

パパ活で既婚者の割合

パパ活で既婚者とお付き合いするの、ちょっと抵抗あるなぁって場合だと、どうやったら既婚者ってわかるのか気になりますよね?

パパ活アプリに登録している既婚者の割合や、プロフィールや特徴から見分けるコツなんかをご紹介しますね。

実はパパ活アプリにいる既婚者の割合は40%近く

パパ活アプリに登録するときって、既婚か未婚かって入力する欄がないのが普通です。

なので、正確なデータがないって言うのが正直なところ。

出会い系サイトで言うと男女ともに40%以上が既婚者というデータがあるので、パパ活アプリでもそのくらいか、それ以上だと考えばいいかな?って思います。

パパ活アプリは出会い系と違ってリッチな男性が多いし、年齢層も高め。そう考えると、既婚者率は高めで当然ですよね。

女性の場合も簡単にセフレを見つけたいなら出会い系でもいいかもですが、お手当をもらえて男性の層がいいパパ活アプリを選ぶ主婦の方が多いかと。

30代の若パパも増えてきているので、パパ活アプリでも未婚率は上がっていると思いますが、40代以上のリッチな男性であれば既婚者は半数以上だと思います。

パパ活アプリで既婚者を見分ける方法は?

パパ活アプリで既婚者の見分け方

女性の場合は、主婦と公言して活動されている方もいるので、プロフィールを見ればわかっちゃうこともあります。

あとは、活動できる時間が限られているので、昼デートを求めている女性は主婦の方が多いですね。

男性の場合はと言うと、プロフィールやメッセージのやり取りだけではわからないのが普通です。

プロフィール写真に顔写真を堂々と載せている方は、未婚男性の確率が高いと思うんですけど、パパ活されている男性って社会的地位の高い方が多いので写真を載せていない方も多いですよね。

なので、顔合わせ前に見分けられるとしたら、メッセージをやり取りしている時間帯くらいです。

既婚者男性の場合は、休日や帰宅した後はパパ活アプリを使える方は少ないと思います。休日や夜のレスが遅いと、既婚者の可能性が高いですね。

パパ活相手が既婚者だと分かった時の上手な断り方

既婚者とのお付き合いが嫌なら、きっぱりとお断りして問題はないと思います。

お相手は、え?パパ活なのに?ってなっちゃうかと思いますが、リスクがあることを伝えてお別れすることをおすすめします。

今までのお付き合いは、既婚者と知らずにデートしていたので、配偶者に慰謝料を求められても支払う必要はありません。

また、今まで貰ったお手当についても「贈与」なので、男性から返還を要求されても返す義務はありません。

冴子
体の関係があったとしても、知らなかった期間に対しては大丈夫!

このままお付き合いすると、一線を超えちゃいそうなので。

一線を超えるは、エッチしちゃうかも、深みにはまるかもって感じで使えます。

既婚者と知った後は、細心の注意を払ってお付き合いすることになるので、できそうにないなって思うんだったら今やめておいた方がいいですよね。

パパ活で既婚者と付き合うときの注意点

パパ活で既婚者の付き合い方

とは言うものの、パパ活男性は既婚者が多いですし、リッチな男性とお付き合いしたいのであれば未婚男性を選りすぐっている場合でないのは確か。

パパ活=不倫ってわけじゃないですからね。

ただ、やっぱりトラブルは怖いので、十分注意してお付き合いすることをおすすめします!

既婚者であるかどうかあえて確認しない方がいい

パパ活って偽名を使って個人情報を明かさずに活動してるでしょ?

それと同じように、既婚か未婚かって聞かずにお付き合いするのが暗黙のルールみたいになっています。

長いお付き合いになると、結婚してるかって言わなくてもわかっちゃうんだけど、体の関係を持たないのであれば既婚者であっても問題ないってことはさっきお話しましたよね。

あまりにも高価なプレゼントを貰ったりすると、ご夫婦の間で問題になってトラブルに巻き込まれる可能性はありますけど、お食事をご一緒する程度ならバレても慰謝料を請求されるようなことはないです。

さらに、既婚者であることを知らなければ、大人の関係であってもトラブルは少なくなるって言うことは覚えておいてくださいね。

LINE・電話など連絡できる時間帯を話しておく

パパ活で既婚者へのLINE

既婚者とお付き合いするのであれば、自宅にいるときの連絡はご法度。

LINEや電話をすると、配偶者にバレてしまう可能性が高いです。

未婚、既婚に関わらず、お付き合いを始めるときには、連絡が取りやすい時間帯や連絡して欲しくない時間帯を聞いておくことがベストです。

お昼間であっても仕事が忙しくって連絡できないこともあるので、しつこく何度も連絡をしないことも大切です。

冴子
自分から連絡するからって言われているなら、絶対に連絡は入れないこと。

スマホを自宅でよく見るようになったり、傍に置いて気にしたりするって言うのも怪しまれる行動なので、できるだけ控えたいですね。

メッセージ・写真など証拠になるものは残しておかない

既婚者とのお付き合いがバレて慰謝料を請求されるケースって、確実な証拠を掴まれたときです。

不倫関係の証拠になるもの

  • ホテルへ行ったなどの不貞行為がわかるメッセージのやり取り
  • ホテルの領収書や明細
  • ホテルなどに出入りしている写真・動画
  • 肉体関係があると推測される写真・動画

これだけだと、そんなに注意しなくても大丈夫そうなものですけど、これは強力な証拠となるものってだけで、もっと注意しないといけないのはこっち。

不倫関係の証拠になる可能性のあるもの

  • SNS・メッセージのやりとり
  • ブログへの投稿や手帳の内容
  • クレジットカードの明細
  • 通話履歴
  • 一緒に写った写真

要は親密さが伝わるものですね。小さい証拠が沢山そろうと、証拠として扱われることがあります。

メッセージは確認したら消すなどして、履歴を残さない。ツーショット写真は撮らない、SNSやブログはパパ活では使わないなど証拠は残さないに限ります!

既婚者へのプレゼントは形の残らないものがベスト

パパ活で既婚者へのプレゼント

プレゼントももちろん、証拠として扱われる可能性が高いです。

パパへのプレゼントどうしよう?いつも良くしてくれるから、奮発してハイブランドのネクタイでも♡って思っちゃうかもだけど、既婚者男性へのプレゼントは身につけるものはNGです。

既婚者男性なら、自分が買ったと言い張れるものや、会社においておけるもの、形に残らない物がベストですね。

冴子
本や文具、チケット、食べ物なんかかな。

既婚女性へのプレゼントなら、もちろん現金で(笑)

どうしても何か形として残るものをあげたいなら、ピアスやネックレスなど小さいものだと隠しやすいかもですね。

本当に信用できる相手とだけお付き合いする

もう一つ大事なことは、信用できる相手とだけお付き合いすると言うことです。

万が一配偶者にバレた場合でも、守ってくれるパパであること。例えば、慰謝料を肩代わりしてくれるパパだと最高ですね。

それに、セレブ男性だと奥さんもわざわざもめ事を起こして夫婦仲を悪くしたくないって考えるだろうし、体面を気にして訴訟を起こすってことは少ないかなって思います。

また、不貞行為によって慰謝料請求ができるのを利用して、パパ活女子を狙って詐欺を働く夫婦もいるので注意は必要です。

その手口は、こんな内容。

旦那側がパパ活女子と大人の関係を持ち、証拠写真やメッセージのやり取りを証拠として保存する。
嫁側が証拠をネタに不貞行為としてパパ活女子に慰謝料を請求する。

冴子
世も末って感じ。

こんな詐欺もいるので、お付き合いする男性はしっかりと選びたいものですね。

お互いのめり込まないようにしたい

パパ活で既婚者とマジ恋愛

パパ活でライトな関係から始まったお付き合いも、長くなったり何かのきっかけでマジ恋愛に発展することだってあり得ます。

お互い未婚だと本気のお付き合いを始めればいいので何も問題はありませんが、それが既婚者だと完全な不倫状態ですね。

パパ活男性はリッチで紳士的で優しい方も多いし、知らなかった世界を体験させてくれる大人の男性に惹かれるかもしれません。

自分は恋愛体質じゃないし、おじさんにマジ恋愛するなんてあり得ない!って思ってるかもだけど、そういう可能性があるって言うことは覚えておいた方がいいかも。

本気で好きになりそうだったらきっぱりとお別れするくらいの意思を持ってないと、愛人になっちゃう可能性もあります。

恋愛は自由って言っていられないのが既婚者との恋愛なので、トラブルに発展しないためにも証拠は残さない、相手や配偶者への配慮を忘れないなどの最低限のルールは守りたいですね。

既婚者がパパ活アプリを選ぶときはセキュリティが優れた老舗を選ぶ

既婚者の方がパパ活アプリを選ぶなら断然サイト型です。

アプリだとスマホにアイコンが表示されるし、非表示にしてもアプリ検索でバレてしまいます。

運営歴が長いアプリだと運営もしっかりしていて安心感はありますね。老舗のパパ活アプリは既婚者が身バレしないようにかなり厳重な対策を使ってくれています。

シュガーダディ:パパ活アプリの老舗

シュガーダディ

既婚者が必ずいるパパ活アプリですが、リッチな男性を選ぶことでトラブルに巻き込まれても守ってくれる可能性が高くなります。

シュガーダディは男性の年収証明もあり、そんな男性を探すには最適です。

冴子
落ち着いた大人の男性が多い印象です。

会員数も多いので、未婚男性だけをターゲットにしたい場合も確実にお相手が見つかりますよ!

アプリだけどサイト型。セキュリティ面もしっかりしていて、履歴を消すなどスマホの管理さえしっかりしておけば、利用していることはバレません。

\ シュガーダディ /

ユニバース俱楽部:交際クラブの老舗

ユニバース俱楽部

交際クラブは男性からの完全オファー制なので、女性が男性を選ぶことはできません。

ただ、どんなオファーを求めているのかを運営側に伝えると、希望の相手をセッティングしてくれるので未婚男性がいい、既婚男性でも体の関係はNGなどの希望を伝えておくといいと思います。

女性の既婚者も登録していますが、プロフィールに主婦と書いていないことが多いので、お相手を選ぶときには未婚女性のみ希望と伝えておくことが必要です。

男性も女性も面接に合格して登録しています。その点でも機密性があって安心ですね。

まとめ:パパ活で既婚者にあうのは普通のこと!

パパ活をしていると、確実に既婚者の方に出会います。

これはパパ活をする上で、避けられないことだと思っておいた方がいいですね。

既婚者の方と出会った場合は、

  1. 既婚者であることを確認しない・聞かない
  2. 体の関係を持たずにデートはお食事だけにしておく

この2点を守れば、配偶者にバレた場合でも慰謝料を請求されるようなことはありません。

それが難しいようであれば、証拠は絶対に残さないこと。

バレてしまうと色々感情的になりがちです。最低限の知識があれば少し冷静に対応できると思いますので、万が一に備えて準備をしておくのも悪くないですよ!




優しい方シェアしてください( ゚Д゚)【女子一同】

コメントは気軽にしてね!

コメントする

目次
閉じる