パパ活アプリ比較ランキング

19歳の5人の女子がパパ活にハマったきっかけは?未成年利用のアプリを聞いてみた!

パパ活をしようと思っても何となく後ろめたいってことありませんか?特に未成年でやるとなると結構勇気がいりますよね?

そこで実際に10代最後にパパ活をスタートした人の本音の声を集めましたので、正直に話してみようと思います。一部読みにくいところがあるかと思いますがノーカットで載せています。

目次

未成年、10代最後のパパ活はTwitterきっかけが非常に多い

まず10代がパパ活をどこでスタートするのか?と思ったけれどやはりTwitterがNO1でした。

パパ活で稼いだ写真やもらったものなどをUPしている女子も多いです。

MOMOもそうでしたが、あまり高校生活が楽しくないと興味持ちますものね・・。

そして意外とあのティンダーでやっているなんて声も聴いてびっくりです!

あそこはかなり取り締まり強いんでおすすめはしていなのですが・・・。

イケメン多いし、30代の若いパパをさがすならありだとは思います。

また、大人で即決というPJは無料の出会い系も活用してます。結構、年齢確認がゆるいところもあるので、使っているみたいです。

あわせて読みたい
パパ活アプリで安いサイトはどれ?月額料金と課金ポイントの比較一覧表 パパ活アプリは女性の登録・利用は無料。男性はと言うと、月額料金を支払って利用しています。 男性にとっては月額料金って重要ポイントです。 パパ活アプリの料金だけ...

パパ活で有名になるキャバ嬢や大学生も多数登場

普通はパパ活をやっていることが分かるようなアカウントは作らないのが鉄則ですが、最近は顔出しユーチューバーやインフルエンサーがパパ活を公言していたりしてすごいことになってます。

フォロワーも8万にでパパ活の神となっている「るびー」さん。

本当におきれいなんだろうと思います。やっぱり顔だけではそこまでふとPはつかないし、仕事もできるんじゃないかとMOMOは勝手に想像してます。

特に10代で水商売しながらのパパ活相場がエグイ

特に水商売をして男性が喜ぶ心理をつかみながら、パパ活している子の相場ややばいことになっています。大人アリですが1人にき平均で5万以上は確実に手に入れている様子。

他にも10代でコンカフェやガールズバーに体入したけど、客引きが辛過ぎてやめてパパ活始めるなんていう10代の子も多いですね。

本当に月に100はアベレージで25までにタワマン買ったり、会社作ってしまう人もいます。今ではそう言う人がユーチューバーになったりして、パパ活がちょっとイメージ変わってきたかなと思います。

実際に10代はどんなパパ活アプリを使って何をしているのか?感想を聞いてみた

では実際に10代の未成年はどんなパパ活アプリを使って何をしているのか?

メリット・デメリットなど気になることをきいてみました。

始める理由は様々ですが、やっぱりお金がきついというのが本音かな・・。

1,19歳で正社員を辞めた後にパパ活スタート

19歳で、パパ活歴は1年くらいですが頻度がとても少ないです。3ヶ月に一回とかそれ以上やってない時もあります。前正社員をしていてすぐ辞めてからパパ活しました。パートで生計を立ててましたが今は結婚して子供も産まれて主婦をしていますのでらなかなかやれる時間はないです

かなりパパ活をする頻度は少ないですが本当に本当にお金が無くていた仕方なく始めました。

「最初はそうゆうの本当にやだなぁ」と思ってましたが、最近は「パパ活」というおじさんとご飯行くだけでお金がもらえると言うし・・・そんないい事があるんだなと思って「ご飯行くだけなら全然いいや」と思い決断しました。

やってみたら、飯やお茶をするだけで時間単位で表示した金額をもらえ、太パパさんならお小遣いもくれたりしておどろきました。

「中には月10万あげますよ?」って言う方もいるし、ショッピングデートで好きなお洋服も買って貰えたりするそんないい事あるんだ不思議でなりません。

私は正社員で働いていましたが辛過ぎてすぐ辞めてしまいその後パートで頑張ってましたがなかなか続かず…楽と言ってはダメですが楽な稼ぎ方しかできない私って本当自分でも困ります。

パパ活の募集元はTwitter

Twitterを使いました。私的に出会い系マッチングアプリはパパ活と言うより本当に出会いを求めている人だと思っているのでいくらおじさんとマッチングしようがお金なんて貰えないと思います。

それにTwitterは以前にもパパ活専用アカウントの投稿で知らない人ですが流れてきたりしていました。

その方のアカウントはフォロワー数もすごくパパ活だけで稼いでいるらしくすごく豪華で贅沢な暮らしをしていた投稿ばかりでした。

それで私もケータイのメモに簡単な自己紹介を書きました。

名前は変える方もいますが私はめんどくさかったので変えませんでした。

それに時間単価での金額、条件、NG行為もろもろを書き投稿しました。

他のアカウントも見て真似た部分もありますがやはり金額はだいたいみんな1hで5000円なので、それを4000円にするだけですごくパパさんが連絡してきてくれるのでそうした工夫をしました。

デメリットが多すぎて中断中

正直言ってもういいかなぁ…という感じです。デメリットが少し多過ぎます。やはりそんな良い話なかなかないなって痛感をたくさん覚ました。

まずパパさんを見つけ出し連絡をやり取りしその後会うまでに持っていく事自体難しいです。

会う前に写真を送ったり人によりますが電話を要求させられますが話すことも特にないのでつまらないです。

話し上手な人はとてもおすすめです。

キャバ嬢とかやってる方ならそういうのは得意で尚且つ可愛いと思うのでたくさん貢いでくれると思います。

それにやはり変なおじさんも中にはいて性的な目的の方もいますのでもし誘われてもキチンとお断りするべきです。それにお金を先払いの方がいいです。

後払いだと逃げられることだってあります。メリットで言えば高収入なこと以外あまりないです。太パパさんに当たれば本当に食事で3万とかあります。1/10くらいですが・・。

2,高3から始めて専門学校に通いながらパパ活継続中(19歳)

19歳、就活生です。パパ活歴は3年で、高校生の頃から専門学生になって今に至るまでパパ活歴継続中です。今は専門学校を辞めましたが、パパさん達にはまだ行っていることにしています。行っていた頃の学部は高校は普通科、専門学校は介護福祉科でした。

私がパパ活をしようと思ったきっかけは、TwitterのFFさんや高校の子がやっているのを見てて、楽しくパパさんと過ごして色んなものを買ってもらったりお金を貰ったりしているのを見ていいなと思ったからです。

イクやお洋服は大好きだしオタク趣味にお金を使い過ぎていつも金欠なので、楽にお小遣いが貰えたらいいなー、と。

確かに専門だとやっている子も意外と多いです。

周りがやっていてそんなに変な話を聞かないので、そこまで怖いものでは無いのかな、と思っていたので抵抗もあまりなく私もしてみようかなと思ったのがきっかけです。

使っているアプリはペーターズとPJ

Twitter等のSNS、複数のマッチングアプリを使ってきましたが、今はPJとペイターズをメインで利用しています。


Twitter等のSNSはパパからの当日キャンセルが多かったり大人なしの約束に無理やり大人しようとしたり、約束通りのお手当がなかったりと地雷Pが多い印象でした。

SNS系よりは減りますが、それでも同じ理由でタップルなどの通常の恋愛向けのマッチングアプリもあまり良いパパさんはいない印象です。

特に大手のマッチングアプリ系は最初は良くてもガチ恋パパになる人が多くなるので、確かに人口は多いですがそういう意味でもあまり使わなくなりました。

今使っているPJとペイターズはパパ活メインのマッチングアプリということもあって、安定したパパさんやP活に慣れているパパさん、太パパが多いのでテンポよく約束からパパ活までいけて問題なくお手当も貰えることがほとんどなのでおすすめです。

メリットとデメリット

パパ活をやっていて感じたメリットは、やっぱりお手当やデート中のプレゼントです。

パパさんの趣味にあった服やメイクをして行くことでパパさんの機嫌もよくなりデート中に高価なアイテムを買ってもらえたりするので、自分磨きにも繋がって一石二鳥だな、なんて思ったりもします。笑


定期パパになった方からはお手当も上がったりするので、1回1回のP活を大事にしないとなぁと思います。


デメリットは、やっぱり安全なパパさんだけでは無いことです。

大人関係を強要してきたり、脅しまがいの行為、粘着なども起こり得るのでやはりそういうところは気をつけないと行けないと思います。

あと、約束を増やしすぎるとダブルブッキングがおこったり、食事の約束を増やすと体重管理が大変なこともデメリットになってくるのかなと思います。

3,アパレル販売をやりながらパパ活

22歳でパパ活歴は2年半、職業: 販売職 卒業学部: 英文科 現在の職業はアパレルブランドでの販売職で、大学時代はメイド喫茶でアルバイトをしていました。

パパ活歴は長くはありませんが、既に所謂良パパが居るので引退しようか最近は悩んでいます。

元々夜職に興味があり、キャバクラに体験入店を行いましたが、お酒を飲みながらの接客は想像以上の苦痛で、またフリーのお客様につくとなるとこちらで選ぶことが出来ないと言う部分に辛さを感じてパパ活をしようと思いました。

キャバクラも元々週に1度の勤務で良いかなと思っていたくらいゆるく稼ごうとしていたのでのんびりやりました。

「だめならだめでもし需要がなければやめればいいし、アプリやネットでお相手を探せばいいだけだから簡単だし」などと、夜職を仕事としてやるよりもハードルが低かったのもきっかけです。

正直、周りからの偏見もそこまで無く、割と周りでやってる子も学生時代は多かったので本当に気楽に出来てしまったなぁという実感はあります

使ったアプリはペーターズで大人の関係あり

ペーターズとTwitterを使っていました。アプリをペーターズに絞ったのは登録者数が大変多く、また年齢が30代20代後半、といった若い方が多かったので、「楽しく飲んで楽しく行為に及べば、意外とすんなりお小遣いをいただけるのではないか」と思ったからです。

思った通り、お友達のような関係で年上の方との縁が割と多く出来ました。

その中の何名かは関係が長く続くようになっています。

名目上はタクシー代という感じです。

新卒でなかなか稼げていなくてご飯や日々の美容室ネイルなど、生活費に困っていると言うことで、数万円を月に2ー3度頂く形です。

正直、体を売るリスクと引き換えではありますが自分の中で許容した方と関係を持てることがメリットだと感じています。

キャバと比べた時のメリット・デメリット

  1. パパ活のメリットは自分で相手を選べること
  2. キャバクラと違ってお店の人間として営業しなくていいこと。
  3. ただ可愛いペットのような存在として笑っていればいいこと

この三つです。

デメリットは、パパ活は人によってその要件が違うので相手のニーズと自分のニーズを擦り合わせて、またお小遣いをいただくのでその額の相談などを自分で行わなければいけない、というのがすごく面倒です。

あとは様々なリスクを自分1人で背負わなければいけない、プライベートな空間でお会いするので常に盗撮や録音といったことにも気を配らなければならないなど、とにかく自分の身は自分で守る、を意識しなければならない部分が、手間がかかります。

4,芸術大学に通いながら19歳からパパ活スタート(実家暮らし)

年齢は19歳(満20歳)で、芸術系の学部に所属する大学生(1年生)です。アルバイトをしています。

パパ活歴は、始めて数ヶ月ほどでコロナの影響で一旦辞めてしまいましたが、ここ最近再開したので、合わせて8ヶ月ほどです。

元々ファッションや美容、アイドルなどさまざまなことに興味があるのですが、アルバイトの収入だけではお金が足りないため、欲しいものを思うように手にいれられず、やきもきしていました。

そんな私を見かねて、親しい友人がパパ活を提案してくれたのがきっかけです。その友人はパパ活に強い興味を持っていたものの、実際にやったことはなかったとのことです。

他の友人も含め、周りにパパ活をやっていそうな子はいませんでしたし、「パパ活ってやってる?」と聞くことはできませんでした。

そのため、ほとんど知識のない中、友人とネットで調べて始めました。インストールしたアプリなどは、全て友人と同じものにしました。現在も、逐一パパ活についてやりとりしています。

ティンダーで失敗してシュガダに落ち着く

最初はティンダーを使っていましたが、「パパ」になってくれそうな人より、いわゆるヤリモクの人がほとんどで、すぐに退会してしまいました。

他にも、ペアーズやタップルなどのマッチングアプリを試しましたが、どれもティンダーのようにパパ活向きとは思えませんでした。結局、今はシュガダに落ち着いています。

利用者数は他のマッチングアプリより少ない気がしますが、男性の年齢層が高く、非常にパパ活向きだと思います。無料アプリには時々、いきなり男性器の無修正画像を送ってくるなど非常識な人もいますが、シュガダはほとんどが落ち着いていて紳士的な人たちだと思います。

水商売より楽だがパパ活も気を使う

メリットは、やはりお小遣い稼ぎができることです。

テクニックがなければあまり稼げませんが、それでもやらないよりはいいと思います。波長が合わない人とのデートは苦痛ですが、波長が合えば楽しくお金を稼げます。

水商売をするより、よっぽど精神的に楽だと思います。現金をくれる人もいれば、ブランド物のバッグなどをくれる人もいます。デメリットは、家族や周りの人にバレてしまう危険性があることです。

正直パパ活は違法ではないものの、健全な行為ではないと思っています。

現在実家暮らしのため、貰ったバッグは家族にバレないように押し入れの奥に隠して、家に家族がいないことを確認してから持ち出しています。正直、とても罪悪感があります。

5,契約社員をしながら10代からパパ活

現在21歳です。パパ活歴は約3年くらいだと思うんですけど昔からそれっぽいことはしていたので正確にはわかりませんがハッキリとしだしたのはそれくらいです。

今は某ベビー用品店で契約社員をしながら不定期休みで働いています。

今までと同じ感じでパパ活という活動があると知ってから正式と言っていいのかわかりませんが正式的にやり始めました。

元々夜のお仕事をしていたので年上の男性に偏見はなく相手からも好かれる傾向があったので暇つぶし程度にやり始め、今に至ります。

ただご飯に行くだけや仕事の話を聞くだけ、彼女の振りをするなど独断でやっている事なので決して性行為はしないと決めてるのみで自由にやっているので苦なくめんどくさくなく続けています。

「今日のご飯代浮かせられたらいいな?」くらいの考えなのでこれからも続けようと思っています。

リスクは高いが出会い系の方が大人のパパ活は早い

基本的には出会い系のTinderやタップルですがただのつSNS、Twitterやインスタでもやったりはします。

出会い系の方がわかってる方が多いのでTwitterなどと比べると危険度は少ないかなと思います。

無料で都内まで出てたり即決したいならTinderで密かにやる。ただ、派手にやるとアカウント削除されることもあります。

時間をかけて予定を立てたりと慎重に行くなら男性有料のペーターズ・パディー・シュガダと分けています。

ほかにも使ったりはしますがやはり無料だと危険度は高くケチなおじさんや冷やかしが多かったりするので有料がいいかなとは思います。

ティンダーはパパ活以外でも恋愛のために昔から使っていたので使いやすく私は個人的に好きなアプリなので続けていますが、これ以外でもほかにいい出会いがあるものがあれば使いたいと思っています。

人生観変わるような人との出会いが多い

メリットは3つあります。

  1. 「普通に生きてたら出会うことすらないんだろうな」と思える根本的に違う生き方をする方々に出会え学べること。
  2. このの年齢では行けないお店に行けること。
  3. 一般常識が間違っていたりなどを幅広く知れること

などです。

デメリットはパパ活と言えどワンチャンやりたいと行為を目的とした方にあった時は危険しかないのでそこの境界線が難しいです。

「大金を払えばいい」とか「金が欲しいんだろ?」とか金で有無を言わせない大人は何よりも怖いです。

無料系で引っ張ると外れるので気を付けて下さい。

何だかんだ、やる・やらないの線引きも結局見る目なのでやって行くうちに学べたりするのでそれも楽しみの一つだったりすると思っています。

あまりいいことはないですがとにかく稼げるし、楽しいです。私はメリットの方が大きいと思っているので年齢的に可能な限り続けて行きたいです




優しい方シェアしてください( ゚Д゚)【女子一同】

コメントは気軽にしてね!

コメントする

目次
閉じる